2019年1月

  • 2019.01.26

velox バーテープ等 再入荷(追記あり)

昨年(2018年)フランスパーツメーカーのニュースで最も印象的だったのが、veloxによるTAの買収 TAと言えば5visを始め、カルミナクランク等トラディショナルツーリングバイクを現行品で組み立てる際には欠かせない大事なブランド 現在では双璧を成していたストロングライトは、現代的なデザインのパーツばかりになってしまい、velocraftでも殆ど扱うことは無くなってしまいましたので、非常に貴重な存 […]

  • 2019.01.21

JBTへの道(?)その3

フォークの話しの予定でしたが、良い写真が無かったので、フレームパイプのお話しです 継手のラグが出来たら、寸法を合わせてパイプをカットしていきます パイプは局面に合わせるので、金ノコ等で真っ直ぐに切れば良い訳では無くザグリと呼ばれる、相手のパイプ直径と角度に合わせてカーブを描いてカットする必要があります フレーム設計を元にパイプとパイプの接合角度と長さを計算してあげる必要があるのですが、最近はPC上 […]

  • 2019.01.20

サイクルスポーツ 3月号

本日(H31年1月20日)発売のサイクルスポーツ3月号には別冊付録で、創刊号の復刻版が!(一部抜粋) 第2次サイクリングブーム真っ只中の1970年当時は、表紙の通りにツーリングバイクが主流だったのですね 3月号本誌の表紙はカーボンロードバイクですので、時代やニーズの違いがハッキリ出ています 当時は大槻も生まれる前ですので、興味深々で拝読しています 是非、皆様もご覧ください! 新しい発見があるかもし […]

  • 2019.01.14

こんな旅自転車作りました(ロイヤルノートン フルオーダー スカイブルー 650x38B ランドナー)

お客様からのご注文で、ロイヤルノートンのディスクブレーキランドナーを製作しました velocraftでは珍しいフルシマノ アルテグラアッセンブルの1台 アルテグラでの製作は開店以来3台目だと思います(ちなみにデュラエースは田村編集長に製作した1台のみ) 機能・軽量性・確実性・耐久性・供給性等を考えれば、シマノ製品を箱から出して説明書通りにそのまま組み付けるのがベストだと思っています しかし、そこに […]

  • 2019.01.13

JBTへの道(?)その2

さて、JBT用フレーム製作の2回目はヘッドチューブのお話し 前回ご紹介したヘッドラグは、上側がΦ31.8×25.4mmのノーマルサイズで下側がΦ36×31.8mmのオーバーサイズ つまりテーパーヘッドチューブとしています 今回のフレームはディスクブレーキにするのですが、以前ご紹介したレイノルズ631ディスクブレーキ用フォークブレードと先日から販売を開始したキモリディスクブレーキ […]

  • 2019.01.12

velocraft x 鶴岡レーシング ツーリングフレーム 組立て編 vol.9

やっとハンドル周辺の取付けが出来ました レバーは当初予定通りのシマノ105・R7000STIレバーとして、ステムはニットウ定番のNPステム ハンドルバーは新製品の「M151AAF」 このハンドルバーはvelocraftでもSTIやエルゴパワー使用時の採用率が高い「M106NAS」とほぼ同形状の廉価版 リーチ78mm・ドロップ128mm・幅380・400・420mmのアナトミックシャロー型 M106 […]

  • 2019.01.11

TA 5visチェーンリング再入荷

2019年最初の納品はフランス・TA社から小物がチョイチョイと・・・ 極少量ではありますが、現在(H31年1月11日)なら5vis(シクロツーリスト)チェーンリングが掲載品全サイズ在庫ございます アウター・・・50T・48T・46T・44T インナー・・・38T・36T・34T・32T・30T・28T・26T ナカナカ全サイズが揃うこともありませんので、この機会に是非ご利用くださいませ 合わせて、 […]

  • 2019.01.07

JBTへの道(?)その1

遅ればせながら、皆様明けましておめでとうございます 本年もWebショップvelocraftをよろしくお願い致します さて、ツーリングバイク業界・ハンドメイドバイシクル業界で2019年一番の話題と言えば「ジャパンバイクテクニーク」でしょう 有名ビルダーやショップが数多くエントリーしている自転車つくりの腕を競うコンテスト 僭越ながらvelocraftもエントリーさせて頂きました 一応代表は大槻ですが、 […]