新着情報

1/9ページ
  • 2022.10.09

意外と無い?三日月ワッシャー

フォーククラウンやシートステーブリッジの貫通穴にキャリアや泥除けを取付けたり、ナット式のセンターシャフト止めのブレーキを取付ける時に使用する三日月ワッシャー 当たり前過ぎるパーツと思って、今までWEBサイトにも載せていなかったのですが、お客様から「どこの店にも無いけど取寄せ出来る?」とのお問合せを受け、今回掲載させて頂きました※今までも店頭にはあったのですが フロント用はカーブが緩く、リア用はシー […]

  • 2022.09.18

MKS新作ペダルとBB位置の話し※9/19訂正

以前から一部で話題をさらっていたMKS(三ヶ島ペダル)の「シーホース」が遂に発売になりました全面アルミボディで、ツーリングバイクにも違和感は少ないと思います(トラディショナルな世界では違和感は無いっとは言いにくいですが、velocraftでは以外と多い「非ビンディング派のブルベライダー(ランドヌール)」のお客様からのご予約が多かったです) 縦長なデザインで踏み面も広くリフレクターも標準装備ですので […]

  • 2022.03.15

東叡社オリジナル小物1種類追加

東叡社オリジナルステムに採用されているハンドルクランプボルトの単品販売を開始致しました かなりニッチな製品だとも思いますので、基本はお取り寄せでの対応をさせて頂こうと思いますが、現在3pr店頭に在庫が御座います勿論、在庫分はご注文を頂けましたら、翌営業日に出荷が可能です ボルト頭の形はトラディショナルなマイナス形状ですし、ボルトは一般的なM6x1.0ですので、工夫次第ではステムボルト以外にご使用頂 […]

  • 2022.01.27

ベントフォークブレード

velocraftで特にご要望が多く、今まで対応出来ていなかったのがフロントフォークの曲げ加工品の販売 レイノルズ631等ではメーカーが元々曲げた状態で販売しておりますが、かなり限定的メーカーが最初から曲げたベントフォークブレードを販売しているのは、一般的には素材が硬かったり薄かったりで冷間での曲げ加工が難しい場合のみですので、基本はストレートブレードでの販売になります※スチールフォークが一般的だ […]

  • 2022.01.15

ソケットorプレート リアエンド

スチール製フレームのエンド(ドロップアウト)はパイプを差し込むタイプのソケットタイプとパイプに割りを入れて差し込むプレートタイプの2種が主流 モダンなフレームはソケットタイプでトラディショナルなフレームはプレートタイプというイメージですが、どちらにもメリットデメリットがあると思います それぞれどんな特徴があるか簡単にご紹介します まずはソケットタイプのアロテックC110フリーアングルでフレームサイ […]

  • 2021.12.26

年末年始は自転車掃除

そろそろ仕事納めという方もいらっしゃるでしょうか?今年も残念ながら、長期休みでも海外含めて長期ツーリングは難しいご時世 年末年始に時間に余裕がありましたら、自転車掃除をしてみませんか? まずは全体の汚れ落としにクレストヨンド クリア槍を水道水で薄めてからスポンジ等で全体的に洗いましょう自転車用に開発されていますので攻撃性は皆無ですから、ジャブジャブと泡立てながら汚れをスッキリさせます ツーリングバ […]

  • 2021.11.01

ビルドパーツ少し追加しました 後編

前回の続きです最近はツーリング系パーツの欠品は納期遅延が続いておりますが、ビルドパーツも原材料不足や船便減便から、品不足ぎみではありますが新規在庫する様になった製品をご紹介致します 中国GEのプレス式ラグで、スタッカードフレーム用とミキストフレーム用の2種類 どちらもダウンチューブはΦ28.6mm・シートチューブはΦ28.6mmで、スタッカード用のトップチューブはΦ25.4mm、ミキスト用はΦ12 […]

  • 2021.10.22

ビルドパーツ少し追加しました 前編

最近は、ツーリングバイクやランドナーに似合うパーツの新製品も殆ど無く、「生産終了」「値上げ」「欠品」等ネガティブな記事が多くなってしまい、寂しい限りですので、ビルドパーツのラインナップを少し増やしてみたので2回に分けてご紹介 前編ではトラディショナルツーリングバイクには、あまり使用することの無い、MTBやグラベル系の部材 MTBでは定番のディスクブレーキ台座であるポストマウント台座ブレーキ取付用の […]

  • 2021.07.10

グロータック EQUALディスクブレーキ

ロードバイクやグラベルバイク等のブレーキシステムは今やディスクブレーキが当たり前高品位な物はオイルラインで廉価な物はワイヤー式が一般的だと思います 小さな力でのレバー操作でも大きな制動力が生まれるオイルラインは走行時のメリットが大きく、自身でメンテナンスを行わないユーザーで定期的にショップにてメンテナンスをシッカリとされるなら走行に関してのデメリットはほぼ無いと思います短時間で安全に止まりますから […]

  • 2021.06.28

割入れタイプのスルーアクスル用エンド

ディスクブレーキ用のエンドは最近スルーアクスルタイプが一般化しましたその中でもシマノが提唱するサイズである「M12x1.5」が圧倒的多数だと思います このサイズはシャフト直径が12mmでシャフトを固定するネジ部が1.5mmピッチとなっています 今まではエンドにパイプを差し込むソケットタイプか、エンドとパイプを直接溶接するタイプのどちらかでしたスルーアクスル自体が伝統的ではありませんが、少しでもシル […]

1 9