新着情報

1/8ページ
  • 2022.01.15

ソケットorプレート リアエンド

スチール製フレームのエンド(ドロップアウト)はパイプを差し込むタイプのソケットタイプとパイプに割りを入れて差し込むプレートタイプの2種が主流 モダンなフレームはソケットタイプでトラディショナルなフレームはプレートタイプというイメージですが、どちらにもメリットデメリットがあると思います それぞれどんな特徴があるか簡単にご紹介します まずはソケットタイプのアロテックC110フリーアングルでフレームサイ […]

  • 2021.12.26

年末年始は自転車掃除

そろそろ仕事納めという方もいらっしゃるでしょうか?今年も残念ながら、長期休みでも海外含めて長期ツーリングは難しいご時世 年末年始に時間に余裕がありましたら、自転車掃除をしてみませんか? まずは全体の汚れ落としにクレストヨンド クリア槍を水道水で薄めてからスポンジ等で全体的に洗いましょう自転車用に開発されていますので攻撃性は皆無ですから、ジャブジャブと泡立てながら汚れをスッキリさせます ツーリングバ […]

  • 2021.11.01

ビルドパーツ少し追加しました 後編

前回の続きです最近はツーリング系パーツの欠品は納期遅延が続いておりますが、ビルドパーツも原材料不足や船便減便から、品不足ぎみではありますが新規在庫する様になった製品をご紹介致します 中国GEのプレス式ラグで、スタッカードフレーム用とミキストフレーム用の2種類 どちらもダウンチューブはΦ28.6mm・シートチューブはΦ28.6mmで、スタッカード用のトップチューブはΦ25.4mm、ミキスト用はΦ12 […]

  • 2021.10.22

ビルドパーツ少し追加しました 前編

最近は、ツーリングバイクやランドナーに似合うパーツの新製品も殆ど無く、「生産終了」「値上げ」「欠品」等ネガティブな記事が多くなってしまい、寂しい限りですので、ビルドパーツのラインナップを少し増やしてみたので2回に分けてご紹介 前編ではトラディショナルツーリングバイクには、あまり使用することの無い、MTBやグラベル系の部材 MTBでは定番のディスクブレーキ台座であるポストマウント台座ブレーキ取付用の […]

  • 2021.07.10

グロータック EQUALディスクブレーキ

ロードバイクやグラベルバイク等のブレーキシステムは今やディスクブレーキが当たり前高品位な物はオイルラインで廉価な物はワイヤー式が一般的だと思います 小さな力でのレバー操作でも大きな制動力が生まれるオイルラインは走行時のメリットが大きく、自身でメンテナンスを行わないユーザーで定期的にショップにてメンテナンスをシッカリとされるなら走行に関してのデメリットはほぼ無いと思います短時間で安全に止まりますから […]

  • 2021.06.28

割入れタイプのスルーアクスル用エンド

ディスクブレーキ用のエンドは最近スルーアクスルタイプが一般化しましたその中でもシマノが提唱するサイズである「M12x1.5」が圧倒的多数だと思います このサイズはシャフト直径が12mmでシャフトを固定するネジ部が1.5mmピッチとなっています 今まではエンドにパイプを差し込むソケットタイプか、エンドとパイプを直接溶接するタイプのどちらかでしたスルーアクスル自体が伝統的ではありませんが、少しでもシル […]

  • 2021.06.10

泥除け用のスモールパーツ追加しました

本所工研製の泥除けを取付けるには、泥除け本体を決めて取付け方法に合わせたステーや小物を用意しますが、本所工研でその全てを網羅していません その為専用品でない一般的なボルトやワッシャー類は別途用意する必要があります通常ボルトの単品販売は自転車店では在庫し販売していることは少なくて、ホームセンターや金物屋等でサイズを調べて購入することが多いと思います しかし、ツーリングバイク独特の様式美や歴史的な背景 […]

  • 2021.05.27

ストレートフォーク用部材 新入荷

フレームやフォークを趣味で製作するホビービルダーからのご要望が多かったフォークブレードを曲げないストレートフォーク用の部材を追加致しました ストレートフォーク用のクラウンは決して市販の種類も多く無いので、とりあえずはロードバイク向けのロンシェンLC-18のみを追加しております クラウンの幅は40mm程ですので、ロードバイクに使用するなら28mm幅位までが丁度良いですし、32mmもギリギリスペースは […]

  • 2021.05.07

DAVOS ネオランドナーフレーム入荷しましたが・・・

ダボスのランドナーと言えば、第2次サイクリングブームの時代から続く、マスプロランドナーの雄でしたが、数年前に生産を休止し今では入手出来なくなってしまいました10年位前はvelocraftではアラヤや丸石エンペラーよりも販売台数も多く、適度な完成車価格設定とフレーム単体販売もあり、サイズ設定も豊富で20mm間隔でラインナップされ、大変優れたマスプロランドナーでしたダボスをプロデュースする深谷産業さん […]

  • 2021.04.30

再入荷色々と少し新製品

velocraftでは最もポピュラーなラグであるアロテック・イタリアンカットラグの欠品していた商品が再入荷し、通常ラインナップの全品が久しぶりに揃いました ノーマルヘッド・ノーマルサイズパイプノーマルヘッド・ダブルオーバーサイズパイプオーバーヘッド・ダブルオーバーサイズパイプの種類がありますので、ダイアモンド型ラグフレームを製作するのに過不足の無いラインナップが揃っていると思います 但し、小さめサ […]

1 8