本所工研 新作泥除け小物 初入荷

本所工研 新作泥除け小物 初入荷

トラディショナルなツーリングバイクにはモチロン、最近はグラベルバイクやクロスバイク、シティコミューターへの装着も増えた本所工研のアルミ製泥除け

ツーリングバイクなら、泥除け装着が前提ですから使用する小物は決まっていますが、その他のフレームですと様々な小物を駆使してフレームに合わせていく必要があります

velocraftではなるべく多くの小物をご用意しております

ハト金具のロングバージョンは、通常のフロントハト金具が立ちあがり20mmなのに対して、公称値35mm
実際に試してみると30mm位の高さになります

クラウン裏に泥除け用のカクシネジが無いフレームで、タイヤとフォークのクリアランスが広い自転車に使えそうです

スチールロードバイクで多い、チェーンステーブリッジにダボが付いていないフレームに泥除けを引っ掛けて使用するフックバンド
対応するブリッジ径は一般的な12.7mmですが、多少の差はバンドを変形させることで対応が可能です

また、輪行を良くするので泥除けを外しやすくしたいが、分割式にするとキシミ音が出やすく割れやすいということもあり躊躇されている方は、分割式にせずとも泥除け全体を外し易くすることが可能になります

こんなアイテムを駆使して泥除けを綺麗に取付けられると良いですが、全ては現物合わせですので、経験とデータはある程度は必要になると思います

そして以前にチョロッとご紹介しましたが、菱形の泥除け補強板も遂に入荷致しました

正直想定よりも高価でしたが、シートステーブリッジへの取付けで見ためもトラディショナルで、割れも軽減出来るので機能デザイン共に良くなります

厚みは約1mmのアルミ板なので昔のモノと比べると若干薄い気はしますが、フレーム側のブリッジ位置をを調整しなくても革パッキンの厚み調整程度でカバー出来そうです

また、この補強板分割金具を併用することで、今までご提案してこなかった泥除けの分割方法も可能になりますが、この方法はまた後日・・・

新着情報カテゴリの最新記事