こんな旅自転車作りました(鶴岡レーシング ブラック 650x42B グラベルバイク)

こんな旅自転車作りました(鶴岡レーシング ブラック 650x42B グラベルバイク)

いつもはお客様にご注文頂き販売させて頂いた自転車をご紹介しておりますが、今回は大槻が自費で購入した1台をご紹介

フレームはオーソドックスな鶴岡レーシング製のランドナーフレームでvelocraft仕様としていつも製作して頂いているフレーム

ノーマルサイズパイプでホリゾンタルトップチューブ・カンチブレーキ・Φ23OVALフォークブレードは、ランドナーとして極々オーソドックスですがvelocraft仕様として、フレームサイズによりジオメトリーは勿論、パイプのメーカーや肉厚等を様々変化させて、身長や体重を考慮して適所配合を変化させています
詳しくは過去のブログでご紹介しておりますので、そちらもご参照ください

その1 その2 その3 その4 

過去もご紹介していますが、使用可能なタイヤは泥除け付きの場合650x32A or 650x36Bを想定して、泥除け無しの場合は650x42Bまで使用可能です

今回は、グラベルバイク的な仕様にするので、650x42BのWTB社のタイヤを使用しました

パーツ類もシマノのクラリスをメインコンポにクランクだけスギノ製とし、ハンドル・ピラーはニットウ製、サドルはveloorangeにしています

特に、目を引く様なパーツや改造もせずにしていますが、ステムのみ東叡社製のスチール製オーダーステムを使用しています

ニットウのアルミステムでも良かったのですが、アルミステムに比べてスチールステムの方がタワミ量が多く柔らかな乗り味になり、手に掛かる負担を減らしてくれます
その分、ダンシング等で左右のブレが大きくなり舗装路で乗る場合はデメリットの方を個人的には多く感じてしまいますが、グラベルでの使用を想定して、今回はスチールステムを採用しました

パーツ類は比較的コストパフォーマンス重視ですが、ステムだけ1点豪華主義ですね!
但し、豪華にしたかった訳ではなくハンドル周りの剛性感を下げる為の対処法です

グラベルバイクというカテゴリーですとディスクブレーキが標準仕様ですが、今回は昔ながらのカンチブレーキ
当然制動力は落ちますので、ダートの急な下り坂を想定すると万人にお勧めすることは出来ませんが、フォークのシナリを利用したショックの逃がしを重視して固めのフォークにせざるを得ないディスクブレーキは採用しませんでした

輪行時や修理時のコストも加味してみると、決してカンチブレーキも過去の製品だとは思いません
メンテナンスが簡単で直感的に出来る事もメリットは大きいと思います
※制動力が落ちることで速度域が低くなりますので、走行スピードは遅くなるので、デメリットもありますが・・・

ライトは安心安全のハブダイナモを採用して、コードはフォークブレード内蔵にしています
メンテナンス性の落ちる内蔵は個人的には好きではありませんが、トラブルもなんなに起きないので、ココは見ためを重視しました

velocraftでは当たり前の装備ですが、スポーツバイクの世界ではかなり少数派ですよね
もっと、ダイナモの利便性を知ってもらいたいのですが、ハブの抵抗感を気にされる方が多いですね
実際にはシマノのハブダイナモを使用すると、ハブの抵抗でライトオン時は0.5km/h程度、ライトOFF時は0.05km/h程度遅くなりますが、そんなに大きな差は無く、イメージで語れることが多いのが残念です

今はサイクリングやフィットネス目的での自転車走行は自粛しなければなりませんが、歩いていける近所の公園で、それっぽい写真を撮ってみました

一日でも早く趣味や遊びとして自転車サイクリングが出来る様にジッと耐えています
どんどん夢は膨らませておこうと思います

【価格】¥217,800-(10%税込・フレーム&フォーク)

制作事例カテゴリの最新記事