再メッキ承ります

再メッキ承ります

ヘッドパーツやキャリア等スチール製パーツであれば、殆どの場合多少錆びてしまっても、再メッキすることで綺麗に戻すことが出来ます

条件としては、錆びが芯まで喰っていない事(磨けば錆びが取れること)他種の金属や樹脂が付いていない事(メッキを掛ける時に溶けてなくなります)複雑な形状や筒状物の裏側等はキレイに磨けないものはメッキが掛かりにくい事をご理解頂くこととなります

今回、お客様より名車アルプス・クイックエースのパーツ類を再メッキ致しました
上写真はお持込頂いた時の状態で、元のメッキが剥げていたり錆が出ていたりと良い状態とは言えません

ヘッドパーツだけであれば、現行パーツに交換してしまう方が簡単ですし、コストも安く出来ますが、クイックエースならではのアクター受け兼ステム固定バンドやサンシンのクイック等、現在では入手が出来ないパーツも含まれますので、ヘッドパーツ類全体を再メッキすることしました

メッキは特殊な溶液に漬けこむ必要があるので、ショップレベルで手におえる作業ではありませんので、業者に持込み作業をお願いします

写真が光で飛んでしまいましたが、まるで新品かの様にピッカピカになって帰ってきました

全ての条件が揃わないと完璧にキレイな状態には戻らないのですが、今回は錆びや傷も浅かった為、ほぼ新品かそれ以上の状態に戻りました

写真以外にもキャリアやBBワン等もキレイにして組立てに入ります
先日ご紹介したアルマイト加工やビルダーによるフレーム修理(パテ埋めや芯出し等)塗装業者による再塗装等、様々な人の手を経て自転車修理が出来ます
大槻は店頭でエラそうにしていますが(汗)基本的に何にも出来ません!
自転車店は仲介業者というか、技術者とユーザーを結ぶ受付人というか、そんな仕事だと思っています

全ての仕事を確認したら、後は自転車の形に戻して終了です!

パーツ類でしたら、再メッキは可能なのですが、フレームの様に複雑で大きな物ですと、再メッキは難しくなります

通常メッキをするフレームは、部材の段階で徹底的に磨きフレームの形にしたら、最終仕上げをするという行程になります

フレームの形状で磨くことは現実的にかなり難しいので、パイプのみなど部分メッキ等を承ることも可能なのですが、全体の再メッキは出来ないor仕上げはキレイで無い、ということをお知り置きください

但し、場合により何かしら承ることも出来るかもしれないので、興味のある方はご相談ください

店舗案内カテゴリの最新記事