こんな旅自転車作りました(ストラトス フルオーダー フルメッキ 700x25C ツーリングロード)

こんな旅自転車作りました(ストラトス フルオーダー フルメッキ 700x25C ツーリングロード)

泥除け無しの自転車が続きますが、お客様ご注文のサイクルワークスムラヤマ「ストラトス」ツーリングロードが出来上がりましたので、ご紹介

フレームはvelocraftでは珍しくコロンブス製を使用し、パーツはお客様お持込のカンパニョーロ・アテナとフランスTAを中心にマビックOPEN Proリム・日東ハンドル&ピラー、ブルックス製サドル等お馴染みの組み合わせ
フレームサイズは470(C-T)なので全体的にコンパクトサイズでまとめています

何と言ってもこの自転車はフレームがとにかく凄い!
「STRATOS」ロゴはオーナー様からサンジェっぽい位置と大きさのご指示を頂き、ビルダーの村山氏によりこの自転車の為だけのデザインとなりました
フルメッキ(トゥークロメ」の仕上げに上村塗装さんによる手書きの線引き

フレーム自身はドノーマルな仕様ですが、手の掛かり方が半端ではありません

このフレームの凄さを最も表しているBB付近
大槻には、どうすればこの仕上げが出来るのか理解出来ませんし、他のフレームビルダーの皆さんも興味深々の様子
少し前にこのフレームをインスタグラムに上げたのですが、いくつかのフレームビルダーさんから「どうやったの??」とお問い合わせを頂くほど

村山氏も「下処理がとにかく凄い大変だった」「この仕事なら、この価格は安いはず」「メタルさん(メタル工業さん・メッキ業者)が電極とか工夫してくれたと思う」とお話しされてくれましたが、詳しい事は不明なままです(汗)
企業秘密な部分もあるのでしょうね

メッキだけでなく、細かな部分も手が入っています
エンドは何気ないプレート型ですが、リッチーのエンドを削りに削って形状を整えています
ステーは滑らかな角度でエンドと接合される必要がありますが、市販のエンドをポン付けでは、どうしても不恰好になりがちに
そこで形状を整えると共に、ステーの角度を計算して吸い付く様なシルエットを演出しています

如何でしょうか?正直フルメッキのフレームの組立ては大変でした
指紋が付かない様に、組立て前にフレーム全体にラップを巻いてフレームに直接手が触れない様にしなければ、後が大変です
しかも、メッキに付いた指紋等の油汚れはアルコールで拭き取るのが一般的ですが、今はアルコールの入手もままなりませんからね
大槻としてもやりがいのある組立てでした!

どうぞ、良い旅を・・・

【参考価格】¥825,000-(10%税込・フレーム&フォーク価格)

話しは続きますが、それはまた後日・・・

制作事例カテゴリの最新記事