TOEIスタンダードフレームの出来る事(おさらい)

TOEIスタンダードフレームの出来る事(おさらい)

最近発刊されたMOOK「旅自転車 ランドナーとツーリング車の本」でvelocraftは現行品で組み立てるTOEIスタンダードキャンピングをご紹介させて頂きました

そのおかげで、TOEIスタンダードフレームのオーダーが急に多くなっております
有難うございます

当ブログの過去記事や旧ブログ(削除済み)で、何度となくご紹介をしてきたTOEIスタンダードフレームですが、最近は新規にご検討される方も多くどんなオーダー方法なのかご存知では無い方もいらっしゃいましたので、改めて「出来る事と出来ないこと」をご紹介致します

・パイプの種類は選択出来るの?
一部に限られますが、選択は可能です
出来る箇所はトップチューブ・ダウンチューブ・シートステーの3種類です
出来るパイプはカイセイ019・022・024の3種類でオーバーサイズ化は対応していません
乗り味や使用するブレーキ、荷物の積載量によって変化させていきます
オーダーシートにはカイセイ022と記載されていますが、指定をしない場合には必ずしも全て022で製作している訳では無く、例えばサイズの小さいスポルティフなら指示が無くても019を使用したりすることもあるので、指示が無い場合は「東叡社にお任せ」という意味になるとお考えください

・ラグやクラウンは選択出来るの?
出来ません
基本的にラグ付きの場合はタカハシ製ラグを使用していますが、その時の東叡社の部材在庫状況により変化する可能性もあります
突飛なデザインのラグやクラウンが付くことはありませんが、ラグ形状に関しては基本的には「お任せ」となります
またクラウンではヒゲの長さなどの指定も出来ません

・ジオメトリーの指定は出来るの?
ダイアモンド形状のフレームならある程度の寸法指定は可能です
シートチューブ長・トップチューブ長・シートアングル・ヘッドアングル・リアセンター・ブリッジ下寸法等です
但し、スローピングフレームは2度までとなります(おおよそ1度スロープさせるとヘッドチューブが1cm長くなります)
スタッカードやミキストフレームには対応していません

・タイヤサイズはミニベロでも大丈夫?
タイヤサイズは26インチ以上が必要ですので、ミニベロには対応していません
太さはクラウンの形状に限りがありますので、泥除け付きなら26×1.75・650x42B・700x38C程度が限界ですがタイヤメーカーによっても変化しますので、ご注意ください
またオーダーの際には必ず、タイヤメーカー・品名・サイズまで決める必要があります
「タイヤサイズは700x28Cで」というオーダーはお受けできません
必ず「〇〇社〇〇タイヤでサイズは〇〇」まで決めてください
多く流通しているタイヤでしたら、データがありますので必要ありませんが、東叡社にデータが無いタイヤの場合にはオーダー時にホイールとタイヤの現物が必要な場合もありますので、珍しいタイヤを使用する場合にはオーダー時にタイヤ付きのホイールをご持参ください

・アヘッドコラムには出来るの?
承っておりません
全て1インチスレッドとなります

・デモンタブルは作れるの?
上写真のS&S社のカップリンクを使用するタイプは可能ですが、スライドパイプを使用したタイプは出来ません

・メッキフレームは出来るの?
出来ません
メッキ処理を施すことはお受けしていません

・何色で塗装出来るの?
調色で色を作ってから塗装するので、どんな色でも可能ですし、2色3色塗り分けることも可能ですが、サンプルと完全に同じ色にはなりませんし、ハンドペイントの為、多少の色ムラ等は出てしまうので、予めご承知置きください
線引きと呼ばれるピンストライプも可能です
塗装の内容次第でUPチャージが掛かります
色に関してはvelocraftにあるカラーサンプルからお選び頂くか、お客様自身でカラーサンプルをご用意ください
カラーサンプルはあまり小さいとお受けできませんので、最低2x4cm位の大きさをご用意ください
専用のカラーサンプルで無くても、空き缶や紙片でも構いませんが、必ず単色ごとにご用意ください
「雑誌の〇〇ページに掲載されている自転車と同じ色」等の不明確なものはカラーサンプルにはなりません

・オリジナルパーツも注文出来る?
velocraft単品でご用意出来るパーツはフレームオーダー時に注文することが可能ですが、単品販売を行わないボトルケージ・カンチブレーキ・フロントディレイラ―等のオリジナルパーツは承れません

・ボトルケージ台座は2個まで?
ボトルケージ台座の項目はシートチューブとダウンチューブにしかありませんが、常識的に可能な範囲で増やすことは可能です
具体的にはトップチューブ上とダウンチューブ裏の2か所です

・ディスクブレーキは選択出来るの?
出来ません
ブレーキはカンチブレーキ・センタープルブレーキ・サイドプルブレーキから選択してください
オーダー時には必ずブレーキの品名まで決めて頂く必要があります
一般的なブレーキでしたらデータがあるので現物は不要ですが、珍しいブレーキを装着する場合にはオーダー時にブレーキ本体の持込が必要です

・ハブダイナモは選べるの?
フロントフォークにハブダイナモコード用のループを取付けて対応しています
フォークブレードに穴を開けてダイナモコードを内蔵することも可能です

・ダイナモコードの完全内蔵(カーボンブラシ)は出来るの?
承っておりません
古物のリム又はタイヤドライブの場合にはダウンチューブ下に穴を開けて対応しています
ダイナモを装備する場合には、必ずダイナモの品名まで決めて頂く必要があります
一般的なダイナモでしたらデータがあるので、現物は不要ですが、珍しいダイナモを装着する場合にはオーダー時にダイナモ本体の持込が必要です
また、お持込頂ければキャリアにピン球等の古物ライトを装着することも可能です

・キャリアはどんな物が製作出来るの?
基本的に矛盾が無ければどんなキャリアも製作可能です
フロントの小型キャリアだけでなく、大型のキャンピングキャリアやパニア台(泥除け付けorブレーキ台座付け)等、キャリアはフルオーダーが可能です
但し寸法を指定するか、使用するバッグをお持込が必要な場合もあります
キャリアのオーダーは本当に多岐に渡りますので、正確なことはご相談頂くしかないと思います

TOEIスタンダードはセミオーダーではありますが、出来ることは本当にイッパイあります
しかも、非常にリーズナブルですし走るという機能に関しては充分な範囲だと思います

ぜひ、TOEIスタンダードフレームをご検討頂き、ご注文はvelocraftまでお願い致します!!

※TOEIスタンダードのオーダーシートはコチラからダウンロードも可能です
※仕様の可不可はvelocraftでオーダーをお受けした場合です 他店様とは違うこともございます

店舗案内カテゴリの最新記事