2020年 通販売上ランキング

2020年 通販売上ランキング

2021年もvelocraft・CWSグループをよろしくお願い致します

さて、毎年恒例になりました
昨年1年間の通販売上ランキングをお届けします

相変わらず(?)偏った品揃えのvelocraftですが、今年はツーリング車系の販売よりも、フレームビルディング系の部材が多くなりました

velocraft=現在流通している現行品で組み立てるTOEIツーリング車に強い店」というイメージを大槻自身も持っていたのですが、どうやら「フレームビルディングの部材を販売するショップ」というイメージが追い越した様です

現在velocraftという実店舗は無く、同グループの実店舗CWS吉祥寺の中で、以前となるべく変わらないサービスを続けておりますし、CWS吉祥寺の店頭ではフレームビルディング系の部材の販売量は少なくツーリング車系のパーツやフレームの販売が多いのですが、「通販=フレームビルディング部材屋 店頭=ツーリング車屋」っという棲み分けがされてきているのかもしれません

では、10位から順番に見ていきましょう!
※順位は販売個数順です

第10位・ラグレス用 BBシェル
最近はラグレスでフレーム製作される方が多いのでしょう
ラグタイプのBBシェル全種類合計の数よりもラグレス用BBシェルの方が売上個数が多くなりました
もしかすると、ラグレス用BBシェル+フレームパイプを組み合わせてオリジナルラグを製作する強者の方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

第9位・東叡社 ダルマネジ
東叡社のダルマネジはvelocraft定番ですね
全国で扱い店舗も極めて少ないですし、通販で販売している店舗も少ないので、velocraftに集中しているのだと思います
また、本所工研製のダルマネジが現在極めて入手性が悪くなってしまったということもあると思います

第8位・補強板付きボトルケージ台座
ブレーズオン系の部材は、フレーム製作をされる方がセットでご購入されるというよりも、単品でのご購入の方が多かったのが特徴
恐らく、所有しているフレームに増設されるのでしょう
ボトルケージ台座もそんな売れ方でした

第7位・カンパ型Wレバー台座
8位のボトルケージ台座同様に単体でのご購入が多かった部材
インデックス式Wレバーは現在SUNXCDの10S・8Sとシマノの8Sが残るのみ
ノンインデックス(フリクション)タイプはダイアコンペ系のみと、現行の部品が徐々に少なくなってきたパーツですが、Wレバー取付けに使用するだけでなく、ブレーキアウター受けに流用するなど、別用途の方も多かったと思います

第6位・リッチー ワイヤージョイント
デモンタブル製作には欠かせないワイヤージョイント
今まで流通量も少なかったので、velocraftに集中していたのだと思います
近月、大手問屋の東京サンエスさんが販売を始めたので、全国どこでも入手はしやすくなると思います
デモンタブルを製作しようという方には朗報ですが、velocraftとしては複雑です(笑)

第5位・ブリッジパイプ
以外とありそうで無いのが、ブリッジパイプ
12.7mm(1/2インチ)で厚みのあるパイプは探すと意外と見つからないもの
velocraftでも取扱いを始めて1年半ほど
ロードバイク製作には不要なことも多いですが、ツーリング車の製作には欠かせない小物です

第4位・本所工研 分割金具
2020年も泥除けの分割は通販・実店舗問わず多くご注文を頂きました
様々な分割加工方法はありますが、ヤッパリ作業が楽で確実な本所工研製の分割金具を使用した方法が1番多いですね

第3位・カイセイ クロモリパイプ 前3角
例年1位をキープしていたカイセイのパイプがランクダウン
velocraftではレイノルズやタンゲに比べると、ちょっと割高感ある価格設定にどうしてもなってしまっています
2020年からタンゲパイプの取り扱い量を大幅に増やしたので、そのあおりを受けて販売量が下がってしまいました

第2位・タンゲ メインパイプ
カイセイの変わりに急激に販売量を増やしたのが、タンゲパイプ
ラインナップの豊富さや、かゆいところに手が届くプレーン管等のマイナーサイズがあるのも利点
価格も良質な精度を持ちながら、カイセイより安価にご提供出来ます

第1位・センタースタンド台座
栄えある1位は「何故か?」センタースタンド台座
今年の売れ方は半端無かった!
プロビルダーだけで無く、個人の方でも1回のご注文で3~5個位ご注文頂くこともしばしば
センタースタンドは完成車状態でも目立ち難く、シルエットの邪魔にならない優れものですが、皆さんそんなにセンタースタンドを付けるの?っという位でした
2020年1年間で3桁の販売数があります

以上でした
如何でしょうか?
販売個数別ですので、ラインナップが多種あるパイプや価格が安い小物に集中しています
特にパイプは1台製作するのに、1本と言う訳にはいきませんからね

これからも皆様のツーリング車の組み付けやフレームビルディングについて少しでもお役に立てる様尽力してまいります

2021年もよろしくお願い致します!!

店舗案内カテゴリの最新記事