テーパードヘッドチューブ&パーツ

テーパードヘッドチューブ&パーツ

近年はオーダーメイドフレームでもトラディショナルさを求めず、機能重視でカーボンフォークを採用される方も多くいらっしゃいます

velocraftではショップイメージからトラディショナルツーリングバイクが圧倒的に多いのですが、ひそかに、HT44サイズのヘッドチューブは人気商品のひとつになっています

但し、上下同寸ですので、上下ゼロスタックやインセットにすることになりますが、ダブルオーバーサイズ(トップチューブΦ28.6mm・ダウンチューブΦ31.8m)程度のパイプサイズですと、どうしてもヘッド周辺が大きくアンバランスに見えてしまうこともあります

そこで、今回テーパードのヘッドチューブをご用意致しました

タンゲのテーパードヘッドチューブ
上側は所謂オーバーサイズで内径Φ34mm、下はHT44と同じ内径Φ44mmとなります(下玉押し内径はΦ40mm)
形状がテーパーですので、ヘッドチューブ長に制約がでてしまいますが、全長250mmに対して最短100mmまでカットして使用することが可能です

以前からタンゲから販売されていたパイプですが、velocraftでは新規取扱いを始めた商品です
何故、今始めたかというと、このサイズにピッタリのヘッドパーツが発売されたから

veloorangeのテーパードヘッドパーツ
ポリッシュタイプの光り輝くヘッドパーツで、上述のヘッドパイプに丁度良い寸法になっています
シルバーや輝くパーツを良しとする、ツーリングバイク(この場合はアドベンチャーバイクでしょうか)にも違和感少なく(無いとは言えませんが(笑))ご使用頂けると思います
veloorangeではブラックカラーなども販売されておりますが、とりあえずvelocraftではミラーフィニッシュのみをお取扱い致します

また、veloorangeでは上写真の新型パスハンターフレームが発売されました
ヘッドが今回ご紹介しているテーパードになり、かなりガッチリとした印象の見ためです

通販では扱いございませんが、このパスハンターフレームは現在(2021年1月23日)実店舗のCWS吉祥寺にSsizeを展示しておりますので、実物をご覧頂き販売も承っております(【販売価格】¥107,800-(10%税込・フレーム&フォークのみ)

このフレームはテーパーヘッド以外にも、スルーアクスル・フラットマウントディスクなど、トレンドを抑えつつ泥除けや複数のボトルケージ台座・キャリア台座などが付いたかなり使えるアドベンチャーバイクに仕上がっています
今、大槻も注目しているフレームです!

このフレームに関してはveloorangeサイト(英語)をご確認ください

新着情報カテゴリの最新記事