【大槻自腹】モダンツーリングバイク制作記vol.3

【大槻自腹】モダンツーリングバイク制作記vol.3

※ここから先の作業はメーカーの保証対象外の作業内容となりますので、個人・ショップでは行わないでください
 どうしても作業をしたい場合には、死亡・重大な後遺障害の可能性があることを充分に知った上で、個人の判断で行ってください

弊店にお持込頂いても作業はお断りしております

前回で、フレームの精度を計測しセンターラインの確認を致しましたので、今回はボトルケージ台座の追加作業を行っていきます

実際にボトルケージを取付ける訳では無く、採用予定のオルトリーブ社製バイクパッキング用フレームバッグをボルトオンで固定する為の台座となります
自転車の安全性は損なわれますが、ベルクロ(マジックテープ)でバッグを固定せずに、ボルト&ナットでスマートにバッグを取付ける為の加工です

まずは、バッグとフレームを仮当てして、フレームとバッグそれぞれどこの位置に穴を開けるかをチェックします
今回はフレームバッグ用に4か所・大型ボトルケージを取付ける為に1か所増設していきます

まずは、塗装を剥ぐ程度に印を付けておきます

ドリルを使用して穴を開けるので、センターポンチでドリルセンターのキッカケを付けておきます
アルミフレームは勢いよく叩くとフレームがベコッと凹むので、本当にドリルセンターが解る程度まで軽く印を付けておくのがポイントですが、印が小さ過ぎてもドリルの歯が噛みにくいので、「適度に」が大事です

埋め込む台座の外径分の穴を開けます
ドリルで一発で開けても良いのですが、今回台座外径がΦ7.1mmでしたので、Φ7mmのドリルで穴を開けてからφ7.1mmのリーマーで穴を広げていきました
大事なフレームですから、ドリルの穴ひとつ失敗しない様に慎重な作業を心がけました

再塗装をしない場合は必要ありませんが、今回は再塗装前提ですので、台座周辺の塗装を剥いでから台座を取付けていきます
全体的な作業が全て済んでから、塗装は剥がすのですが、細かい箇所の剥離作業は大変ですからね

台座の取付けには「ハンドナッタ―」と呼ばれる専用品を使用します
上写真の工具先端部分の銀色のパーツが埋め込む為のナットです
フレームの穴にナットを差し込み、ハンドル部分を握り込むとナットがカシメられて固定される訳です

試しに端材のパイプに取り付けてみました
パイプ内側を見ると、パイプとの接触部分が広がっていますが、ココの部分で固定されています

近年のアルミフレームやカーボンフレームのボトルケージ台座も全く同じ方法で取付けられています
たまに長年の使用でカシメが緩んでしまい、台座が空転するフレームがありますが、同工具を使用することで固定し直したり、新たに付け直したりすることで、簡単に修理可能です

台座の表面は平ですので、曲面のパイプに取り付けると左右が若干浮いた状態で固定されてしまいますので、板金用のハンマーでパイプに沿う様に調整して完成となります

前述の通り、フレームバッグ予定用にトップチューブ下3か所とシートチューブ1か所

大型ボトルケージ取付け用にダウンチューブに1か所追加して作業終了

この後フレームバッグにも穴を開けてボルトオンで固定出来るかをチェックしていきます・・・続く

店舗案内カテゴリの最新記事