リアギア10段用Wレバーがいよいよ・・・※追記

リアギア10段用Wレバーがいよいよ・・・※追記

※一旦完売致しました 今後入手可能になりましたら、当ブログにてご報告致しますが、現在はご予約も承れません

近年は手元シフト以外の選択肢が無くなってきたスポーツバイク業界
手をハンドルバーから離さずに変速可能なことから、非常に操作しやすく昔ながらの変速レバーであるダウンチューブに付いたWレバーを選択する意味は機能上からは、全く無いと思っています

しかし、機能性だけでパーツを選ぶのはチョット寂しいですよね!
どの程度乗りやすく作るのか・シルエットに拘るのか・希少性を大事にするのか・憧れを具現化するのか・歴史的背景を考えるのか
自転車を選ぶポイントやバランスは、人によって様々だと思います
拙著にも書きましたが、自転車は「生き方」ですからね

そんな自転車のバランスを考えていると「インデックス式Wレバーでリアギア10段にしたい」というパーツ構成に行きつく方もいらっしゃると思いますし、実際velocraftでお勧めしているジャンルのひとつです

今まででしたら、シマノからSL-7900等のWレバーが普通に入手出来ていたので、全く問題無かったのですが、近年生産が終了してしまい入手することが出来なくなってしまいました
シマノから生産終了すると連絡が来た時にシマノの在庫を全て引き受けて販売したのですが、その在庫も随分前に終了しております

日本で正規品として販売され続けたWレバーはサンエクシード ダウンチューブシフターのみになってしまいました
大槻個人としては、バーエンドコントローラー(バーコン)のレバーをダウンチューブに取り付けるだけのデザインは決して好みではありませんでしたが、それしか選択肢が無かったので、いくつかの自転車に採用し販売させて頂きました

2020年11月に発刊されたバイシクルクラブのMOOKでご紹介したTOEIキャンピングにも採用しています

前置きが長くなりましたが、サンエクシード ダウンチューブシフターが遂にメーカーより「現在生産未定の為受注中止」の連絡が来てしまいました・・・

今後生産されるのか、もう生産されなくなるのか、生産されるとしてもイツ頃なのか、現状では全くの不明です

velocraftでも現在の在庫を持って暫く承ることが出来ません
御入用の方はお早目に・・・

本品が完売しますと現在インデックス式の10段Wレバーはvelocraftではご用意出来ませんので、オーダー車等をお考えの方もご注意くださいませ
Wレバーはシマノ製インデックス式8段用か、ダイアコンペ製のフリクションタイプのみの選択となります

入荷情報カテゴリの最新記事