velocraft流スポルティーフ泥除け取付け vol.3

velocraft流スポルティーフ泥除け取付け vol.3

泥除けの取付けと言えば、泥除けとフレームを繋ぐボルト・ステーと泥除けを繋ぐボルト・ステーとフレームを繋ぐボルト・キャリアと泥除けを繋ぐボルトと多くのボルトで固定されています

泥除けを綺麗に付ける為には、傘部分のクリアランスを語ることが多いですが、ボルト類を如何に無駄なくキレイに取り付けるかも重要なポイントです

その為には、適正なボルトの選択と長さの調節が不可欠

上写真はステーと泥除けを取付ける部分のボルト(ダルマネジ)ですが、左が市販状態で右が長さが適正になる様にカットした状態

左の市販状態でも、取付けにさほど問題がある訳では無いのですが、ナット部からボルトが突き出てしまい、恰好良くありませんし多少泥詰まりがしやすくなってしまいます

泥除けの裏側なので、完成車状態では見えない箇所ではありますが、こんなところで丁寧な組み付けかどうかの判断も出来ると思います

東叡社の組付けを見てみると、泥除けを全取り付けた後に出っ張ったボルトを電動工具で削り落としている様ですが、どうしてもナット部分も多少ヤスリ傷が入ってしまう為、大槻は最初にボルト長を確認してカットしてから取り付ける様にしています
※出来上がりに大きな違いはありませんので、ドチラの工法でも良いと思います

ボルト長で特に重要なのが、フレームとステーを繋ぐボルト(ダルマネジ)の後ろ右側
ココだけはキッチリ仕上げておかないと、付き出たボルトがチェーンと干渉する可能性が高くなってしまいます

5~6段時代ならクリアランスも広かったので、そんなでも無いのですが、近年の8段を超える様な段数の場合には必須作業となります

意外と忘れがちなのが、キャリアに付いている泥除け固定ボルト
タイヤとボルト先端のクリアランスは5mmは欲しいところ

ギリギリのクリアランスにしてしまうとフォークのしなりで干渉してしまいます
軽く乗った程度では当たらなくても、急ブレーキを掛けたり、フォークに大きな衝撃が加わった時にぶつかる可能性があります

実際、お客様で「思いっきり漕ぐとキュッキュッと音がする。でも、いくらチェックしてもどこもぶつかっている箇所が無い」とご相談頂くと、このボルトが悪さをしていることがありました
多くの場合がタイヤ交換後直ぐに、ご相談を頂きます
例えば、同じ700x25Cのタイヤだとしてもメーカーや品名により、かなりタイヤの高さが違うので、同じサイズにしたつもりが実はタイヤの外径が大きくなっていたという訳です

それだけフォークのしなりは大きいということですね

以上、ボルト類の準備が出来たら、泥除けの傘の取付けに入っていきます・・・続く

店舗案内カテゴリの最新記事