ビルドパーツ少し追加しました 後編

ビルドパーツ少し追加しました 後編

前回の続きです
最近はツーリング系パーツの欠品は納期遅延が続いておりますが、ビルドパーツも原材料不足や船便減便から、品不足ぎみではありますが新規在庫する様になった製品をご紹介致します

中国GEのプレス式ラグで、スタッカードフレーム用ミキストフレーム用の2種類

どちらもダウンチューブはΦ28.6mm・シートチューブはΦ28.6mmで、スタッカード用のトップチューブはΦ25.4mm、ミキスト用はΦ12.7mmとなっております

プレス式ラグは非常に安価で生産出来ることから、velocraftで扱っている他のラグに比べるとかなり安価にご提供出来ますが、バリも多いし精度もイマイチ、カットも無骨で正直このままではシャープで恰好良いフレームには程遠くなってしまいます

手間を掛けて、ジックリとラグの仕上げから製作をスタートすることをお勧めします
それでも、スタッカード用はともかく、ミキスト用のラグはレアですので、ラグドミキストフレームの製作には欠かせないアイテムだと思います

日工産業のブランクラグとBBシェルの生産が終了したことを以前のブログでご紹介しましたが、(2021年11月1日現在・ラグ3セット、BBシェル16個御座います)個性を出しやすいブランクラグが無くなってしまうのは大問題

そこで、アロテックから販売中のブランクラグブランクBBシェルをご用意致しました

ロストワックス製ですので、質感は日工産業とは随分と違いパイプ部は等厚で製作されていますし、シートピンの受けも最初からくっ付いています

かなりパイプ部が長めに製作されていますので、カットの自由度が高くなりますので、より個性を出しやすくなると思います

73mm幅JISネジを切ったラグレス用のBBシェル
伝統的なツーリングバイクに使用することは少ないと思いますが、近年の太目タイヤの場合には重宝すると思います

タイヤが太いとどうしてもチェーンステーは外に広げ無くてはなりませんので5mmシェル幅が広がることで、クリアランスを稼ぎやすくなると思います
但しロードバイク系コンポーネントとの組み合わせはし難くなりますので、パーツとの相性にはご注意ください

現在velocraftのラインナップにはございませんが(なるべく近日中にUPします)最近はシートステーのサイズが22.2mmのOVAL(縦楕円)でS字ベントが最初から施されているパイプもございますので、50mm幅を超える様なタイヤでフレームを製作する際には必須になると思います

あまり伝統的なツーリングバイクで使用することは無いと思いますが、グラベルバイク・アドベンチャーバイク・オールドスクールMTB等の製作にご活用ください

以上、10点ほどではありますが、新たにvelocraftで在庫を始めた部材をご紹介しました

もっとツーリング系パーツの新製品が増えてご紹介出来ると良いのですが、今は耐える時期ですね
また、ビルドパーツ類は皆様のおかげで販売量は以前に比べてかなり増えてきています(現状ではビルドパーツが売上の中心になってきました)
ホビービルドがもっと盛んになる様に、こちらも頑張りたいと思います

新着情報カテゴリの最新記事