2021年 通販売上ランキング

2021年 通販売上ランキング

2021年もvelocraft及びCWSグループをご利用頂き、誠にありがとうございました
恒例のvelocraft年間売上ランキングを発表致します

2021年は世界的に自転車の爆発的な需要増加に伴い、日本への輸入量減少やスチールやアルミ等の原材料不足が深刻化しました
せっかくご注文を頂きましても充分な商品数を確保出来ず、多くのお客様にご迷惑をお掛け致しました
改めてお詫び申し上げます

第10位 東叡社 ダルマネジ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0164.jpg

当ブログをご覧の方でしたら、説明不要の東叡社
オーダーフレームのみならず、多くのスモールパーツをプロデュースしています
velocraftは数少ない東叡社パーツのオンライン販売店でもありますので、安価なパーツでも数多く販売させて頂きました

第9位 キムラ製作所 リアリフレクター

なかなか安定供給出来ないハンドメイドパーツメーカーのキムラ製作所
フロントライトは欠品してしまうことも多かったですが、泥除け装着用のリアリフレクターは1年を通して安定的に在庫が出来たので、販売数も伸びました

第8位 東叡社 オリジナルステム

東叡社自身が1本1本ハンドメイドで製作するオリジナルステム
東叡社のフレームで無くても、ステムだけは東叡社という方も多いのでしょう(ちなみに大槻も鶴岡レーシング製フレームに東叡社のステムを装着しています)
多少在庫しつつ、オーダーメイドでも承っております

第7位 本所工研 分割金具

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0146.jpg

こちらもvelocraft定番のパーツですね
リア泥除けを分割加工し泥除け付きの車体でも輪行しやすくする為の小物
店頭でもオンラインでもズーッと愛されている逸品です

第6位 センタースタンド台座

昨年程の勢いはさすがにありませんが、相変わらずセンタースタンド台座は人気高いですね
数百円の安価なビルドパーツではありますが、毎年3桁の販売数を誇ります

第5位 ロンシェン スルーアクスルリアエンド

現代的なフレーム製作には欠かせないスルーアクスル&フラットマウントのリアエンド
トラディショナルなフレームには無縁のビルドパーツですが、まとめ買いの方が一定数いらっしゃり、単価も高いので5位にランクインです

第4位 日工産業 #410 ブランクラグ

最後の量産国内製造ラグメーカーであった日工産業も2021年で撤退してしまいました
メーカー最後のロットをガツンと仕入れましたので、無くなる前にご購入された方が多く販売数が伸びました
まだ、数セット在庫ございますので、御入用の方はお早目に

第3位 カイセイ パイプ類

統計上、まとめてカウントされてしまうのでラインナップの多いパイプは上位にランキングされやすくなります
昨今は自転車パーツの生産が間に合わなかったり、原材料不足であったりとご迷惑をお掛けすることが多いですが、最近はスチールパイプの入荷も遅れがちになってきておりますので、ご注意くださいませ

第2位 タンゲ パイプ類

こちらもまとめての統計ですので、販売種類はバラバラです
ちなみにタンゲパイプの中で最も多い販売数を誇るのは、HT44用のヘッドチューブ
オーバーサイズヘッドチューブやテーパードヘッドのバリエーションもある中、ダントツの人気を誇っています

第1位 TOEIスタンダードフレーム

チョット今年の一位はイレギュラーだと思います
CWS吉祥寺の店頭に在庫しているフレームのみをvelocraftサイトにも載せているのですが、今まで殆ど販売したことはありませんでした
東叡社のオーダーメイドフレームをご注文頂く際のサンプル品の様な扱いでしょうか
何故か今年は店頭フレームをご購入頂けることが多く、一気に一位になりました

TOEIスタンダードフレームを除けば、昨年の結果とは変わった部分も多少ありますが、ご購入頂ける物にそんなには変化は無かった1年だったと思います

やはり、フレーム製作用のビルドパーツと東叡社に人気が集中しています
これからも、大手ショッピングモールでは取り扱わない様なトラディショナルツーリングバイクとハンドメイドフレーム用パーツに、より特化して少しでも当ブログを読んで頂ける皆様に向けた商品を提供し続ければと思います


当ブログで2021年最後となります
1年間有難うございました

今年は新商品も少なく、ブログの更新も滞りがちで申し訳ございませんでした

2022年は2日から営業致します
来年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

店舗案内カテゴリの最新記事