velocraft流スポルティーフ泥除け取付け vol.5

velocraft流スポルティーフ泥除け取付け vol.5

フロント泥除け取付けの続き

まず、今回のフロント泥除けは大槻が理想としている長さよりも短いので、どこで妥協線とするかがポイントとなります
理想の長さを求めるなら2セット用意して、リア用を2本使用することが必須ですが、コスト上の理由で今回は1セットで作業していきます

まず、大槻が理想としているフロント泥除けの長さは、泥除け前端部をフロントキャリアの前端部から7cm突き出た状態で且つフロントバッグ底面に泥はねが掛からない長さ
フロントバッグの奥行が深い場合には前端部はフロントキャリアから大きく突き出た状態となります
大事なのは見ためでは無く、フロントバッグが汚れないことですからね
勿論、泥除けにライトを取付けたり、フロントキャリアを取付け無い場合の寸法は変化します

後端部は泥除けと地上面が15cmになること
シューズに泥はねが無い様にすることが最も大事ですが、歩道と車道の段差を登ったり下りたりする時に泥除けがぶつからない事も大事です
後端部地上高は経験上13cmあればぶつかることが無いと思っていますが、スポルティーフらしさを残す為に若干上に上げた状態としています(ランドナーの場合は地上高14cmにしています)

まずは、フロントキャリアと固定する箇所に穴を開けます
今回は泥除け前端部から6cmの箇所に穴を開けています
フロントキャリアへ固定するのに革パッキンを入れますが、パッキンの直径はΦ12mmにしています
半径分の6mmが差し引かれますので、フロントキャリアから泥除け前端部は54mmになるはずです

穴を開ける時は、ボール盤で穴を開けることが多いですが、電動工具が無くても、テーパーリーマー等で穴を開ける事も充分に可能です

後端部付近に取り付けるステーを取付ける為に、この段階でステー用の穴も開けてしまいます
位置は、後端部から11cm上で泥除け左右端部からそれぞれ15mmの位置に開けています
今ので段階で穴を開ける事は必須では無いですが、工具を持ち替える手間を防ぐ為にこの段階で開けてしまいます

たまに、細い泥除けはステーの穴1か所の方が良いと言われることもありますので、その自転車のオーナー様からのご要望でしたら、指示通り中央部1か所に開ける場合もあります
オーナー様からのご指示が無ければ、泥除けが太くても細くても絶対に1か所で留めることはありません

泥除けとキャリアを固定する場合は、上写真のフランジナットで取り付ける場合が多いです
何度か付けたり外したりを繰り返す場所なので、緩み止めが付属したフランジナットは重宝します

泥除けとキャリアの間に2mm厚程の革パッキンを挟んで固定します
革パッキンは毎回泥除けとタイヤのクリアランスを見ながら厚みを調整しています

写真でもお解り頂けますが、前端部分は若干寸足らずに感じます
後15mm位は伸ばしたいところですが、今回は良しとしました
スポルティーフですので、奥行の少ないフロントバッグを装着すると思われますので、バッグ底面の汚れは充分に防げると思います

後端部の地上高は、成り行きとなりますが、おおよそ16~17cmになります

オーダーメイドツーリングバイクフレームの殆どはフォークコラムの裏側に泥除けを固定する為のナットが装備されています

泥除けとナットの位置を慎重に見て、穴を開けるポイントを探ります
ココが泥除け取付けで最も難しい部分だと思います
ココ!!と思った箇所にエイヤ!っとΦ5mmの穴を開けますが、ズレテいることも多々あります
そんな時は2~3mmのズレなら、穴をヤスリで楕円形に広げて対応しましょう
見ためや性能への影響はありません

フォークやフレームとの固定部は、乗車中の振動で泥除けにクラック(ひび割れ)が入りやすくなっています
シートステーに菱形の補強板を入れるのは定番ですが、フロント側に補強板を入れることは、まずありません

その為泥除け裏に大きめのワッシャーを取付けて割れどめとしています
Φ20mmのステンレス平ワッシャーを万力で挟んで潰していきます

泥除けとピッタリのカーブになったら完成
難しいものではありません

フォークの裏側にコンナ感じで取り付けます
泥除けとフォークの間にはゴムワッシャーを入れてクリアランス調整&割れ留めとしています 今回は2mm厚を使用しています
クリアランスを稼ぐ為(泥づまり)を減らす為にステンレス製低頭ボルトを使用しています
今回はタイヤと泥除けのクリアランスが狭めなので低頭ボルトを使用していますが、一般的な20mm程度のクリアランスなら汎用的なキャップボルトでも問題はありません

後端部にダルマネジを入れステーをセットします
ダルマネジを2本使いますので、ステーを通すのに少し引っ掛かりがあると思いますが、ステーに傷を付けない様に通していきます

ダルマネジを2本使用することで、ステーの固定位置が安定しますので、ダルマネジが緩んで脱落するリスクが減少します
1本ですとステーが僅かに回転して戻ってを繰り返すことで緩みやすくなります

ステーの長さをエンド側のアーレンダルマの位置になる様にカットすれば、フロント泥除けの取付けは終了

次は後ろ泥除けの取付けに移りますが、それはまた次回・・・

店舗案内カテゴリの最新記事