こんな旅自転車作りました(TOEIフルオーダー ロゴグリーン 650x32B グランツーリズム)

こんな旅自転車作りました(TOEIフルオーダー ロゴグリーン 650x32B グランツーリズム)

お客様のご注文で、TOEIフルオーダー・グランツーリズムを製作しました

フロントバッグの他に、ジルベルトゥの縦型パニアバッグをフロントサイドに取り付けて、容量を稼いています

通常中程度の荷物を載せるグランツーリズムはシッカリとしたタイヤと厚めのフレームパイプ、低めのギアレシオ、アップライトなポジションとすることが多いのですが、今回はお客様の走りのイメージから大きく異なります

タイヤはフレームサイズから650Bを選択して最も細めな32mm幅にして、軽快感を出しています
シッカリとトルクフルに踏む為にカイセイのニッケルを添加した8630をチョイスして、その中でも上部な8630-019としています
そうすると、センタープルブレーキや左シートステーに付けたポンプ台座との整合性が取れなくなるので、フォークブレードとシートステーは一般的なクロモリにして、荷物の荷重とブレーズオンパーツとの整合性を確保しています
ギア比も、フロントが46-30Tダブルや46-36-26T程度のトリプルにすることが多い車種ですが、あえて48-34Tとして、少しスピーディな走行域を意識しています

その為、フォークはサイドのパニアバッグを支える為に肉厚なクロモリ(1.0mm厚)とショートトレイルになるオフセット量として、一般的なランドナーやグランツーリズム的なスケルトンに
フレームは硬めの8630にして、スポルティーフ的なスケルトンで、トルクフルに踏めるように考えています

また前後でバランスが崩れない様に、若干下がり気味のBBドロップやシートアングルで、シッティングでグイグイ進む様に味付けしています
勿論腕力を駆使すれば、ダンシングを多用する登坂にも対応可能です
ダルくならない為にもリアセンター長も無理のない範囲で詰めた設定です

夜間の走行も積極的に行える様にハブダイナモで前後ライトを装備しています
発電抵抗が最も少ないSONデラックスに同じくSONデュルクスⅡのフロントライトを採用し、リアはキムラ製作所のシートテールを装備しています

勿論、配線は複雑になるのですが、見ためをスッキリさせる様にキャリアやフレーム・フォークに配線は内蔵して、ヘッド部は完全内蔵の加工を施してもらっています
この辺は東叡社のお家芸と言えるところですね

ちなみに、この完全内蔵はトラディショナルなツーリングバイクでは、多く採用される特殊工作なので、東叡社では当たり前の様に加工してくれるのですが、ツーリングバイクをメインとしないビルダーさんだと、意外と受けてくれない加工でもあります

velocraftでは通常ライト配線の完全内蔵を受け付けていないフレームビルダーにオーダーをする場合は必要な部材を提供したり、加工方法を説明したり、完全内蔵の箇所だけ大槻が作業したりして、取扱い全てのビルダーでも対応出来る様にしています

スポルティーフ的な味付けのグランツーリズムというか、グランツーリズム並みの車載が可能なスポルティーフというか、そんな1台に仕上がったと思います

オーナー様、どうぞ良い旅を・・・

【参考価格】約75万円

制作事例カテゴリの最新記事