velocraft x 鶴岡レーシング ツーリングフレーム 組立て編 vol.5

velocraft x 鶴岡レーシング ツーリングフレーム 組立て編 vol.5

第5回は前泥除けを取付けます

後泥除けは後端部から徐々に前側に向かう様に組み付けていきましたが、前泥除けは前端部から徐々に後側に向かう方向で組み付けていきます

その為まず最初に行うのが前端飾り部の折り返しを切り落として端部を整えます
その後キャリアに泥除けを固定する位置を決めて穴を開けます

泥除けにライトを取付けない場合はキャリア最先端部から泥除け先端部が約7cm飛び出す様にしています

勿論オーナー様のいる自転車の場合には、ご指示に合わせていますので、その限りではありませんし(今日も別の自転車で「サンジェっぽく組んで」というご指示を頂き、随分と長めセッティングにしました)車輪径が違ったりキャリア形状が違ったりで寸法は変化させています

キャリアとタイヤのクリアランスが若干寸足らずで18mm程でしたので、泥除けを若干変形させて取り付けているのがお解り頂けるでしょうか

既に後泥除けを取付けいますので、泥除けの見ためクリアランスを後側と同じに合わせています

同じ様にクラウン裏のカクシネジ部も同様にリア泥除けのクリアランスに合う様にパッキンの厚みを変えたり泥除けを凹ませたりして調整します

この辺はマビック型だからという訳では無く、本所泥除け定番の作業手順だと思います

次は後端部の長さを決定しますが、寸法は地上から泥除け後端部までが14cmになる様にしています

キャンピングなら13cm・スポルティーフなら15cm程度としていますが、ミニベロ等の場合にはいつも悩みますね
経験的に地上高12cmがギリギリ下限だと思っていますが(歩道と車道の段差等で泥除けをヒットしない)車輪が小さいと地上高12~13cmはかなり寸法が短く見えてしまいます
この辺は都度オーナー様と相談して決めています

勿論、泥除けの全長の都合で実現可能な寸法で無くてはなりませんし、マッドフラップの有無でも変化します

ちなみにマッドフラップを取付ける場合はフラップの先端が地上高3~5cm位が丁度良いと思っていますが、あまり積極的には付けていません(ブルベユーザーを除きます ブルベの場合には集団で走ることも多いので前後共に大型のフラップを良く取り付けます)

長さを決めたら前端部と同じ様にカットして端部から11cmの箇所の溝2か所にΦ5mmの穴を開けます

もうお分かりですね!!

前泥除けの後端部の飾りは切り落としてしまいます
折角の飾りが付いているのに勿体無いですね

今回のフレームの場合には約4cmしか切り落としていないので、前端部を4cm長めにとってキャリア先端から11cmにすれば飾りを残すことも可能です
その場合には作業手順は後泥除けの様に後側からスタートすればOKです
賛否分かれるところだと思います

しかし、velocraftの基本は飾りよりも泥除けの全長を優先しています
なぜなら東叡社の星野さんが、そうやって作業しているのを見たから!!(笑)

皆様ご存じの通り(?)大槻の組み付けや設計方法は、独自に考え出した事は何一つありません(断言)
そのほとんどが諸先輩方から教えて頂いたり、見てきたことをパクっているだけ

勿論、自分の中で一旦飲み込んで、良いと思った方法だけを取り入れてはいますが・・・

後はいつも通り、ステーを取付けて適当な長さにカットします

全てのネジをしっかりと固定して、位置確認をしていきます

良い感じに仕上がりました

更に前後のバランスを見て、違和感が無いかをチェックします

良さそうなら、一旦前後共にバラシテ泥除けをピカール等で磨き、再度取り付けたら泥除け取付けは完了です

次回は、コンポーネントの取付けを開始していきます

続く・・・

 

店舗案内カテゴリの最新記事