velocraft x 鶴岡レーシング ツーリングフレーム 組立て編 vol.11

velocraft x 鶴岡レーシング ツーリングフレーム 組立て編 vol.11

velocraft企画、鶴岡レーシング製作のオリジナルランドナーの製作もいよいよラスト
前回まででワイヤー調整を含めた調整取付け作業は終えていますので、最後にバーテープとサドルを取付けたら全ての作業が終了します

バーテープはバイクリボン社製のコルクバーテープを使用します
ランドナー等ツーリングバイクでは、コットンバーテープを使用することが多いのですが、STIレバー等手元シフトを採用する場合には、レバーの大きさとバーテープ巻き後のハンドルバーの太さが不釣り合いになるので、手元シフトの場合にはコットンを選ぶことは殆どありません
※お客様からのオーダー品の場合にはご指示に合わせています

また、ハンドルバーにブレーキシフトワイヤーが沿う形なので、薄手のバーテープではハンドル上部を握った時にワイヤーが指に当たり、指の痛みや気持ち悪さに繋がると思っています

バーテープは特に手の込んだ仕様で巻かず、極普通に巻いています
STIレバーを使用する場合バーテープは完全に消耗品と捉えていますので、バーテープ自体の耐用年数は気にする必要が無いと思っています
そんなに何年も使えませんからね

終端部はバーテープ付属のビニールテープでは無く、viva製コットンバーテープを巻いています
フロントバッグを使用の際に革ベルトがバーテープを傷つけない様に補強の意味も含めていますが、見ためのアクセントとしての採用です

サドルはド定番のブルックスB17、シートピラーはニットウのS65

B17は銅鋲のスペシャルとして黒いブレーキレバーフードと黒いサドルなので、チョットだけ指し色で茶色を入れたかっただけ
シートピラーはハンドル・ステムとアルマイトの色合いを統一する為にニットウ製にしています

コストを優先してカロイ等にしても良いと思いますが、ヤグラが若干サイドビューで目立ち過ぎると思っています
ブレーキワイヤーアウター受けもニットウ製を使用しています

最後に全体のバランスを見て完成!!

店頭展示用に組み立てていますので、ペダル・ライト・リアリフレクター・ベルは未装着です
ベル・ライト・リアリフレクターの取付けが無ければ公道は走れませんから、実際に乗る際にはこれらを追加して本当の完成となります

如何でしょうか?

最新のコンポーネントを使用したストレスフリーのギア比と操作性
ホイールは泥除け付きで650x32Aを基本として、車載を増やしたいなら650x36Bも使用出来、オフロードを走りたいなら泥除けを外して650x42BのオフロードタイヤもOK
エンドダボは前後大型キャリアを装備可能としています
乗り味もフレームサイズや乗車する方の体重の違いを考慮して、お作りするサイズによってレイノルズ531やRブレードとカイセイ019・024を適材適所使い分けています

「ランドナー=古臭く機能性に欠けたツーリングバイク」という図式は、全く成り立たない機能的でマルチユースなランドナーを目指した1台
それでいて、伝統的なシルエットを意識したデザインになっていると思います

是非、店頭でご覧ください!
※各所UP写真はインスタにUPしています

そして、気になるお値段は・・・続きます

 

 

 

店舗案内カテゴリの最新記事